アメブロツールどれがいい?比較ランキングで解説!

アメブロツールどれがいい?比較ランキングで解説!

アメブロでの集客の実際

ご覧いただきありがとうございます。

 

アメブロはスマホ会員だけでも2500万人を超えています。
それほどに賑わいを見せているのがアメブロです。

 

ただこのアメブロ、ビジネス活用に対する対応がその時々で変わっています。

 

一昔は厳しかった規制

 

一時期は、非常に厳しく、アカウントが停止になったり、ブログが削除されたりということがありました。

 

しかしながら、今ではそういった話はあまり聞かなくなっています。聞くことがあるとしても、「記事単体」の削除となっています。

 

この記事単体の削除にしても、あまりにも記事削除を繰り返さなければブログには支障がないと思われます。

 

さらに、この記事単体の削除も「儲かる」「稼げる」「投資」というような単語が頻出するような記事や激しいアダルト記事の場合に行われることがありますが、1度記事が削除されれば、どういった単語や内容の時に削除されるのかという傾向をつかむことができます。

 

また、1度記事が削除されたくらいではブログが消されるということは今現在ありませんので、1度削除されるということは逆にデッドラインを見極めるという意味では役にたつかもしれません。

 

実際に記事削除されて分かったこと

 

実際、私自身もかつて2、3回記事を削除されたことがありますし、私のクライアントでも記事を削除された方がいらっしゃいますが、ブログ全体の運営には支障がありませんでした。

 

記事削除も、100〜200記事書いて、そのうちの1記事でしたので、1/100〜1/200というような割合でした。

 

また、現在では有用なアメブロツールも多数出ていまして、ツールによっては、アメブロの記事のバックアップも可能となっています。

 

そのバックアップ機能を使えば、仮に削除されたとしてもすぐに復元することができます。

 

アメブロは消えても痛手が少ない

 

また、アメブロの場合は、SEOによる集客ではなく、「いいね」と「読者登録」機能による集客が中心になります。

 

SEO集客が中心の場合には、URLがリセットになることは大きなダメージになりますが(アメブロでも多少のダメージはありますが)、基本は「いいね」と「読者登録」によっての日々の新規集客が中心になりますので、ブログ自体が削除されて新規開設によってURLが変わったとしても、SEO就寝の集客ほどの大きなダメージにはなりにくいです。

 

ただ、複数出ているアメブロツールですが、ツールによって費用も機能も変わってきますので、その点は比較検討が必要になります。

 

ただ、いずれにしてもツールを有効活用してアメブロでの集客にトライしてみる価値は大いにあります。

 

ツールの比較検討に役立つサイトもありますので、合わせて見てみてください。

 

アメブロの集客ツール比較検討ランキング


ホーム RSS購読